避妊薬の基礎についてご説明。低用量ピルとアフターピルの違いを徹底解説。

避妊なび
  1. トップ
  2. 低用量ピルとアフターピル

避妊薬の基礎知識

避妊薬の基礎知識 国内で処方される避妊薬は、一般的に低用量ピルと呼ばれるホルモンを少なく含有する事でホルモン変化により起こる副作用症状を抑える事が出来るとされ、体格の小さい日本人に合わせた薬です。
毎日、1錠を定期的に服用することが必須事項となり、1ヶ月の内21日間の服用が必要です。

では服用によってどのような効果があり妊娠を防ぐのか、詳しくご説明します。

避妊薬の3つの作用

避妊薬に含まれる女性ホルモンが脳内に作用する事によって3つの作用が起こり、精子の着床を防ぎます。

排卵を抑える

排卵を抑える事でまず精子が子宮内へ入ってきたとしても卵子と出会う機会を失わせ、着床を防ぐ事が出来ます。

子宮内膜の増殖を抑える

子宮内膜は受精卵が着床する場所で、その部分が厚くなることを抑える事で、万一受精卵となってしまっても着床することが出来ない状態が保たれるので妊娠が成立する事を防ぎます。

子宮頸管粘液の粘度を高める

子宮の入り口で分泌されている粘液の粘度を増すことで精子が子宮子宮の入り口で分泌されている粘液の粘度を増すことで精子が子宮に侵入することを防ぎます。
薬の効果 このように避妊薬は体内で妊娠を防ぐ働きをするのに対し、コンドームは男性のペニスに装着する事で精子が子宮内に出ない様に防ぐことができますが、「外れてしまった」や「穴が空いていた」など、想定外の事態が起こりえるので「ゴムを付けてたのに、妊娠していた」なんて事も起きてしまいます。
さらに避妊具で防げる事はたった1つですが、ピルを用いれば3つの効果が女性の体を守ってくれるので女性も安心してSEXする事ができます。
また、低用量ピルはライフデザインドラッグとも呼ばれ生理時のトラブルやホルモンの影響によるニキビなどの肌荒れを改善出来るので生活の向上にも役立てる事が出来ます。

低用量ピルとアフターピルの違い

緊急避妊薬(アフターピル)と低用量ピルは同じ避妊という目的であっても、その服用の方法やタイミングは大きく違い、その違いについて下記にまとめています。

・緊急時1回の服用と定期的な服用
・副作用症状の強さ
・避妊のみの目的と避妊と女性の生活を向上させる目的

緊急避妊薬は避妊に失敗した場合に服用する薬で、それも性交後72時間以内までに、確実に1錠を服用する必要がありますが、低用量ピルの場合には1日1錠を21日間の服用としています。
また、緊急時に服用するというだけあって女性のホルモンバランスを大きく変化させるので、ほとんどの人に一過性の症状ですが吐き気、嘔吐、不正出血などが現れる様になり、定期的に服用する事によって不正出血などを抑えることができ吐き気などが起こりますが続けていく事で次第に体が慣れると言われています。
ピルは避妊以外にも月経時に起こる痛みや不順などのトラブルを改善したり、肌荒れを改善する効果も得られることからライフデザインドラッグとして用いる事も出来ます。

反対に共通する部分は以下の通りです。

・女性の意思で自ら服用出来る
・妊娠の成立を防ぐ
・同じ女性ホルモン剤
・飲み間違いや忘れをしなければほぼ100%妊娠を回避

作用としては、妊娠を成立させるために「排卵を抑える」あるいは「遅滞させる」となり、妊娠は精子と卵子が出会うことではじめて受精卵となり妊娠を成立させているので、その機会を失わせることで男性に頼ること無く女性の意思で妊娠の成立を阻止する事が出来ます。
他にも子宮内膜が増殖してしまうことを抑える事も出来ることから受精卵となってしまった場合にも着床を阻止することが出来るので、二重に妊娠を回避する効果を得ることで中絶によって体に大きな負担をかけること無く女性の体を少ない負担で守ってくれます。
ポイント コンドームは確実な避妊は不可能であり、最大で避妊失敗率は20%もあるので「ゴムをしていたのに妊娠してしまった」などの事例が後を絶ちません。
これに対して、避妊薬を事前に服用しておく事で万一の際でも慌てることなく対応する事ができます。
最悪の場合、望んでいない性交を強いられてもアフターピルの服用で妊娠を回避する事が出来るので、2つの大きな違いは服用のタイミングであって、女性を守るという点が共通した薬と言えます。

では、低用量ピルの服用を考えている方は様々な薬がある中からどのように選べばいいのか。
正しい知識を身につけて、自分に合ったピルを選びましょう。

低用量ピル「マーベロン」の特徴

疑問 全世界1億人以上の女性が使用していると言われる低用量ピルですが、「何が低用量なの?」と疑問を抱く女性は少なくありません。
低用量ピルはたくさんの種類がありますが、そのどれもに共通して言えるのが卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類の女性ホルモンが含有されていて、低用量なのは卵胞ホルモンとなり、避妊の効果を失わないギリギリまで用量を少なく抑えることで吐き気などの辛い不快症状を少なくすることが出来ます。
国内では特に人気のあるマーベロンという一相性と呼ばれる第三世代のお薬がありますが、この「~相性」や「第~世代」というのはホルモンが含有されている量によって一相性や三相性と呼び名が変わり、世代は黄体ホルモンの種類によって変わり現在では第4世代まで登場しています。
少し難しい話になるので黄体ホルモンの種類とその世代については以下にまとめてみました。

・ノルエチステロン→第一世代
・レボノルゲストレル→第二世代(マーベロン)
・デソゲストレル→第三世代
・ドロスピレノン→第四世代(超低用量ピル)

「~相性」というのは一相性と三相性と分類され、1錠のホルモン含有量が一定となっているのが一相性。服用日数経過ごとに3段階に用量が変化していくのが三性といいます。

「それなら用量も一定で分かりやすいマーベロンで十分なのでは?」と考える女性もいるかと思いますが、他の世代の薬と比較すると重い副作用症状とされる血栓症のリスクが比べて2倍ほど高くなると言われています。
ですので長期的な服用を考えているのであれば不向きですが、短期間の服用であれば優れた低用量ピルと言えるのです。
もちろん飲み忘れのリスクが無ければ一相性が便利で、不正出血やニキビや脂漏といった肌荒れを起こしにくいというメリットがあります。
三相性のメリットは、女性の体内で行われている自然なホルモン分泌により近づけるために三段階に用量を分けているので、不正出血が起こりにくくなる等のメリットがあります。
しかし飲み忘れをしてしまうと肝心の避妊効果が全くなくなる可能性があります。
どちらのタイプにもメリット・デメリットがありますが、排卵を抑えて妊娠を回避するという効果は変わらないので得られる効果については心配無用となります。
女性の体質などによっても選ばれる薬は変わるので、1人で判断するのではなく、医療機関への相談をお勧めします。
マーベロンの通販サイトへ