低用量ピルのマーベロンについてご説明。マーベロンは産婦人科などで処方される主要な避妊薬です。

避妊なび
  1. トップ
  2. 低用量ピルのマーベロン

低用量ピルのマーベロン

マーベロン 日本でも有効な避妊方法として認知され、最近では多くの女性に服用・または服用してみたいと思われるようになったピル。
その種類には様々なものがあり、それぞれメリットなどが異なります。
女性にとっては長年の悩みやストレスである生理痛や、肌荒れ改善の手助けにもなる低用量ピルには2種類のホルモンが含まれています。
それは卵胞ホルモンと黄体ホルモンです。
ピルには高容量、中容量、低用量と種類がありますが、違いはこの卵胞ホルモンの量です。
昔は低用量のピルは存在せず、その重い副作用に懸念する女性も多くいましたが、低用量ピルはその問題を改善すべく、卵胞ホルモンの含有量を減少させ、副作用の軽減に成功しました。
これからピルを選ぶ方はこの点に注意する必要がありますね。

そして現在、常日頃から服用する経口避妊薬として主流になっているのが、低容量ピルのマーベロンです。

マーベロンと呼ばれることの方が多い、マーベロンジェネリックもこれに分類され、現在日本で使用が認められている中でも含まれる卵胞ホルモンの量が最も少ないため、超低容量ピルとも言われています。
また、従来の種類とは違うドロスピレノンという、体内に元からある黄体ホルモンにかなり似た働きをする、新しいタイプの黄体ホルモンが配合されているので、特に吐き気やむくみなどの副作用が少ないという特徴があります。
ちなみこのマーベロンは、月経期間を短くして避妊をするタイプのピルです。
これを服用すると排卵が抑制されるので、月経困難症の軽減に効果があります。
そして、広く海外で使われているニキビの治療薬としての効果は折り紙つきです。

マーベロン21錠タイプの飲み方

服用方法 初めての場合、月経初日に飲み始めます。
21錠タイプですので、1と書かれた錠剤から飲みはじめ、毎日1錠ずつ順番に飲み、21日間ですべて服用したら7日間服用しない期間(休薬期間)を取ります。この期間に月経が来ます。
そして、7日間が過ぎたら新しいシートの1からまた順番に飲んでいきます。
このサイクルを避妊が必要な期間のみ続けることで、妊娠を回避します。
また、注意点としては毎日同じ時間に服用したほうが効果は高いとされています。
また、初回の服用で月経1日目に飲めなかった場合はその日から飲み始めるのと同時にコンドームなどの避妊具の併用が必要です。
2シート目からは休薬期間に月経が来なくても飲み始めます。

マーベロン28錠タイプの飲み方

服用方法 こらちは上記の21錠に加え、緑色の錠剤が7錠入っています。
服用方法は21錠タイプと同様1から飲み始め、21錠飲み終えたら、緑色の7錠を連続で服用します。
全て飲み終えたら新しいシートの1からまた飲み始めます。
21錠タイプとの異なる点としては休薬期間がないので飲み忘れが防げる点ですね。
少しでも服用する錠剤を減らしたい方は21錠タイプ、飲み忘れを防止したい人は28錠タイプをお勧めします。

マーベロンの副作用

副作用 報告されている副作用は不正子宮出血、乳房痛、頭痛、悪心、吐き気、嘔吐、血栓症などがあります。
はじめての服用ではこれらの症状が出やすいのですが、繰り返し服用することでその症状は減っていくといわれています。
しかし重症化するものではありませんので安心して服用していただけます。
注意していただきたいのは副作用にある血栓症の予防です。
これにはまず禁煙を心掛け、適度な運動と水分補給を十分にすることが有効といわれています。
ほかの低用量ピルとマーベロンの異なる点は同等の避妊効果がありながらも、生理痛や消化器症状による不快感、または気分の変化などで日常生活に支障をきたす人の負担を軽減するために処方されています。
その点が特に大きなメリットですね。

そのため、避妊目的だけでは医療機関から手に入れることは難しく、インターネット通販(正式には個人輸入)という形で購入する方法があります。

ピルの使用にふんぎりがつかないと言う人は、まずは低容量ピルの中でも安心して使える、超低容量ピルのマーベロンを通販して試してみてはいかがでしょうか。
もちろんピルに限らず、なんらかの有効成分を含む医薬品の購入は、信頼のおける販売先から購入するようにしましょう。
マーベロンの通販サイトへ