マーベロンの通販購入を検討している方は、通販での価格と低用量ピルの正しい知識を身につけましょう。

避妊なび
  1. トップ
  2. マーベロンの通販

マーベロンの通販

パソコンと聴診器 通販の最大のメリットは「安価」ということです。病院とは違い、初診料や再診料が不要な代わりに送料が必要になります。

▼通販の平均価格
1シート:1,500円前後、送料:1,000円


1ヶ月分を購入する際の目安は高く見積もっても約2,500円になりますが、まとめ買いをすることでさらに費用を減らすことが出来ます。

病院処方でもまとめ買いすることは出来ますが、目的によっては断られることもあるという点と、避妊のための処方の場合には保険が適用されないという点がネックです。

また、自由診療のため医院によって価格に差があります。自由診療とは、保険を使うことが出来ない診療を指していて、病院側で価格を自由に設定出来るという特徴があります。病院処方を検討している場合は、受診前に電話で価格を確認することをオススメします。

▼病院の平均価格
1シート:3,000円前後、初診料:3,000円、処方料:500円前後
※検査料が追加されることもあります。


1ヶ月分を購入する際の目安は6,500円前後となります。病院によって価格が異なるため、さらに高額になることもあります。まとめ買いをしても極端に安くなるわけではありません。「少し安くなる」程度に考えましょう。

ここで、通販についてもう少し詳しく見てみましょう。
※上記は「お薬なび」のマーベロンを参照しました。
1箱の価格 1,300円
まとめ買い 3箱:3,510円(1箱:1,170円)
6箱:6,240円(1箱:1,040円)
配送料 1,000円
消費税など 16,666円を超える場合に発生
支払方法 クレジットカード、銀行振込
配送日数 5日~14日程

6ヶ月分をまとめ買いした場合でも、病院処方の1ヶ月分(6,500円)よりも安い金額(6,240円)で購入出来ます。送料をプラスしても7,240円ですので、費用を抑えたい方にはとてもお得な金額です。

通販のメリット

お金 初めてピルを使う場合には、病院で処方してもらった方が安心感があります。ですが、使い方や自分の体の状態をわかっていれば、通販という選択肢も間違いではありません。金銭面だけではなく、諸事情で通院が難しい方もいます。

では、どんなメリットがあるのか?を確認してみましょう。

病院より安い

やはり一番は「安い」ということです。病院より安く購入出来るということは皆さんご存知かと思います。ここで言う通販ですが、正確には個人輸入を指しています。この個人輸入というキーワードが、価格に深く関わっていますので、安さの仕組みについて見てみましょう。

病院で処方される医薬品の場合、製薬メーカーで作られてから私たちの手元に届くまでに、様々な中間業者が間に入っています。
▼病院の場合
製薬メーカー ⇒ 製造国の販売業者 ⇒ 輸入業者 ⇒ 販促・卸業者 ⇒ 医療機関 ⇒ 消費者


それに比べて個人輸入の場合、間に入るのは代行業者のみです。
▼個人輸入の場合
製薬メーカー ⇒ 代行業者 ⇒ 消費者


病院の場合、少なくても4つの中間業者を通すことになります。この中間業者は多くなるほど諸費用が加算され、結果的に商品自体の値段が高くなります。個人輸入の場合、間に入るのは代行業者だけです。その分費用が抑えられるので、値段が安くなります。

通院がいらない

病院で不便に感じるのは、受付時間と待ち時間です。特に週末に休みがある仕事の場合、平日に時間を作って通わなければいけません。午前・午後で受付時間が分かれている医院がほとんどで、着いた時間が受付時間外だったという経験がある方も少なくないでしょう。

また、混雑状況によっては、受付を終えてから数時間待たされることもよくあります。初診であれば仕方ない気もしますが、再診で継続分の購入の場合、診察は1分程度で終わります。「体調に変化はないですか?」といった質問の後、「では○ヶ月分出しますね」という流れです。

そして、診察が終わると会計までまたしばらく待機です。病院で処方する場合には、時間に余裕を持って通わなければいけません。

通販の場合、受付時間や待ち時間を気にすることなく、好きなときに注文出来ます。マーベロンの購入のために、わざわざ時間を作る必要がないので、とても便利です。

通販で気をつけたいこと

パソコン メリットが多い個人輸入ですが、購入する際に気を付けなければいけないことがあります。それは「偽薬」をつかまされないことです。

日本でも個人輸入が普及し、病院へ通わなくても手軽に医薬品を購入出来る便利な世の中になりました。その反面、偽薬の被害に遭う方も増えてきているのが現状です。なにがあっても自己責任になるので、騙されないためには信頼出来る代行業者を利用することが大切です。

とは言っても、何を基準に選べばいいのか?がわからない方も多いと思います。ここでは、代行業者選びのコツをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

正規品と配送の保証は?

真っ先にチェックしたいのが、正規品を取り扱っているか?という点です。購入した後に偽薬と気付き、後からサイトをチェックしてみたら正規品という記載が無かった、といったことになっても手遅れなんです。 そうならないためには、購入前にサイトの記載を確認しましょう。正規品を扱っている業者は、サイト内にしっかりとその旨を記載しています。

他にも、見落としがちですが、商品ページにある製薬メーカーも確認しましょう。マーベロンの場合、メーカーはMSD社です。それ以外のメーカーであれば、それは正規品ではありません。どの製薬会社の商品なのか?という点が大事です。

もう1つは、配送トラブルがあった場合の対応です。到着した商品が「破損していた」「注文と違う内容だった」といった場合、どのような対応になるのかが問題です。大抵は、代行業者の全額負担で再送となるのが基本です。

まずは、正規品と配送の2点についてちゃんと保証しているのか、サイト内の記載を確認しましょう。

薬機法に則っている?

日本には、厚生労働省によって定められた「薬機法」という法律があります。海外医薬品を扱う代行業者は、この薬機法に則って運営しています。難しく感じるかもしれませんが、逆手に取れば業者を見極めることに役立ちます。

代行業者が行えるのは、あくまで「個人輸入の手伝い」です。主な役割は、商品の注文を受け付けて、海外へ取り次ぐことです。一般的な通販との違いは、商品の売り込みなどに関することは一切してはいけません。ここで気をつけるポイントは3つです。

様々な医薬品が一覧表示されてる?

これは「医薬品の広告・宣伝」に該当し、薬機法に違反します。そのため、個人輸入の通販サイトでは基本的に、消費者が自身で医薬品を検索して、商品を選ぶシステムになっています。検索窓や分類で分けられています。

しかし、医師のように医薬品についての助言をしてはいけません。電話注文時などに、そういったことを尋ねても応えないのが基本です。

医薬品のアドバイスは?

これは、医薬品の販売行為になり、薬機法に違反します。個人輸入の面倒な手続きを、代わりにやってくれるのが代行業者なので、「即日で届ける」といったことを宣伝しているサイトは要注意です。

支払方法は?

支払方法が「銀行振込み」のみの業者は、信用してはいけません。他に選択肢がなく、先に銀行に振込みを指定してくるサイトには、十分に気をつけましょう。まともなサイトは、クレジットカード、銀行振込みの2つから選べるようになっています。

口コミは重要な情報源

もっともわかりやすいのが口コミです。実際にマーベロンを使っている方のコメントや、そのサイトを利用してみてからのコメントは、どんな情報サイトに記載されている内容よりも、とても参考になります。こちらも業者を見極める上で外せないポイントです。

「使ってみてどうだった」というマーベロンの効果についてのコメントと、「そのサイトを何度も利用している」といったリピート利用のコメントがあるかも確認しましょう。繰り返し利用している方がいるのであれば、トラブルが無く購入出来ているという証拠です。

「正規品と配送の保証」「薬機法」「支払方法」「口コミ」この4つをポイントに、代行業者を選んでみて下さい。これだけで、トラブルは回避することが出来るので、購入する前に少しだけ工夫してみましょう。

マーベロンの効果

2つの有効成分により、体内のホルモン量を調整して擬似的に妊娠している状態を作ることで、避妊効果を発揮するマーベロン。脳が妊娠を錯覚することで排卵が抑えられ、精子の着床を阻害します。妊娠を防ぐ以外にも、子宮周辺の環境改善に役立つことでも知られています。

副作用は?

マーベロンは有効成分の配合量が少ないので、副作用でよく見られる吐き気や嘔吐が軽いのが特長です。症状は服用初期に見られますが、1周期(1シート)を終える頃には体が慣れて症状も治まります。また、もっとも心配される血栓症の発生頻度は0.1%以下なので、長期間でも比較的使い易いのがメリットです。

正しい飲み方

正しい飲み方をすることで、ほぼ確実に妊娠を防げる低用量ピル。気を付けなければいけないのは、いつも同じ時間に飲むようにするということだけです。飲み忘れがあっても、1日以内なら避妊率も変わらないので安心です。

にきびの改善にも効果的

低用量ピルは一般的には避妊薬として知られていますが、ホルモン環境を整えるという働きから、肌荒れ改善にも高い効果を示します。避妊目的で服用していたけど、肌荒れが治ったという声もよく聞きます。特に生理前に悪化する方には、ホルモン療法が最適です。

生理を遅らせる

ホルモン環境を上手く調整することで、生理日をずらすことが出来ます。女性にとって生理期間中は、とても体調万全と言える状態ではありません。大切な日、失敗したくない日は周期をコントロールして快適に過ごしましょう。

マーベロンQ&A

女性

避妊の効果はいつから?

生理開始日から服用を始めると、その日から効果があります。ですが、服用が生理開始日とずれた場合、始めの1週間は効果が不安定なので別の避妊対策(コンドームなど)を取りましょう。

生理はいつくるの?

21錠の場合7日間の薬を休んでいる期間に生理が来ます。28錠の場合は22日目~28日目の7日間(プラセボ錠の期間)に生理が来ます。この期間内に生理が終了していなくても、29日目には次のシートでの服用を開始します。

生理が来ないときは?

飲み始めに、薬を休んでいる期間またはプラセボ錠の期間に出血が少量、もしくは生理がない場合もあります。体がまだ慣れていないだけなので、薬を休んでいる期間またはプラセボ錠の期間を終えたら予定通り2シート目の服用を開始します。2サイクル続けても生理が来ない場合は妊娠の可能性があります。

緊急避妊にも使える?

低用量ピルは緊急避妊薬(アフターピル)と比べ有効成分の量が少ないため、マーベロンの場合は3錠を服用することで緊急避妊として使用出来るとされています。ですが緊急避妊薬として開発された薬ではないので、思わぬ副作用を招く可能性もあります。自己判断は危険ですので、アイピルプラノバールといった緊急避妊薬を使用しましょう。

性感染症は防げる?

低用量ピルは妊娠を防ぐための薬なので、性感染症を防ぐ効果はありません。予防のためには、コンドームを使用して体液や粘液の接触を防ぐことが重要です。

定期的に検査をしたほうがいい?

長期間服用している方は半年に1度、血栓症の検査をして服用を続けても問題ないか確認しましょう。婦人科だと子宮頸ガン検診なども出来るので併せて定期的に検査することをオススメします。

妊娠したいときは?

ピルの服用を中止します。タイミングはシートの途中、シートを終えてからのどちらでも構いません。服用を止めておよそ1ヶ月で排卵が再開するので、早くて1ヶ月後には妊娠可能な状態になります。

用法・用量を守れば通販でも安心

パソコン 低用量ピルに限らず言えることですが、医薬品は用法や用量をしっかり守ることで十分な効果が得られます。
通販を利用する際の注意点としては、商品パッケージが日本語ではないということです。代行サイトでは日本語で注文できますが、実際に届く商品は海外からの購入なのでパッケージは英語になります。
初めて服用する方や服用歴がある方も用法・用量をもう一度チェックしてみましょう。効果や副作用を理解することが安心・安全な避妊に繋がります。
ピルに抵抗のある方は、まずは安心して服用出来る超低用量ピル「マーベロン」を試してみてはいかがでしょうか。