マーベロンの通販購入を検討している方は、通販での価格と低用量ピルの正しい知識を身につけましょう。

避妊なび
  1. トップ
  2. 低用量ピルのマーベロン

マーベロンの購入方法

ネット通販 通販の最大のメリットは「安価」ということです。ですが、初診料や再診料が不要な代わりに送料が必要になります。
平均価格は1箱1500円前後となっており、送料についてはほとんどの代行サイトで共通して1000円(日本全国)ほどかかります。ですので、1ヶ月分を購入する際の目安は高く見積もっても約2500円になりますが、まとめ買いをすることでさらに費用を減らすことが出来ます。

病院処方でもまとめ買いすることは出来ますが、目的によっては断られることもあるという点と、避妊のための処方の場合には保険が適用されないという点がネックです。また、自由診療のため医院によって価格に差があります。自由診療とは、保険を使うことが出来ない診療を指していて、病院側で価格を自由に設定出来るという特徴があります。そのため、病院処方を検討している場合は電話などで価格を確認してから受診することをオススメします。
平均価格は3000円前後ですが、初診料で3000円と処方料(調剤料)で500円前後がプラスされます。ですので、1ヶ月分を購入する際の目安は6500円前後となります。まとめ買いをしても極端に安くなるわけではないので、「少し安くなる」程度に考えましょう。

通販で気をつけたいこと

通販を利用する際にもっとも気をつけなければいけないことは、偽薬をつかまされないことです。日本でも個人輸入が普及し、病院へ通わなくても手軽に医薬品を購入出来るようになった反面、偽薬の被害に遭う方も増えてきているのが現状です。なにがあっても自己責任になるので、騙されないためには信頼出来る代行サイトを利用することが大切です。

見極めるためのポイントは「正規品という記載があるかどうか」という点と、「わかりやすいサイト構成になっているかどうか」という点です。
正規品を扱っているサイトはしっかりとその旨を記載しています。また、医薬品の効果や効能、使用方法、副作用、注意事項を漏れなく記載している、他にも「よくある質問」のページがあるかどうか、サイト側との連絡手段はメールだけではなく電話もあるかどうかという点はとても大切です。破損や違う商品が届いた場合、どういった対応になるかも事前に確認しておきましょう。ほとんどの場合、全額サイト側負担で再発送となる旨の記載があります。

利用者にとってわかりやすいサイト構成になっているか、しっかりと確認しましょう。

マーベロンの特徴

マーベロン ピルは日本でも医療機関で処方され始めてから、有効性の高い避妊法として普及しています。様々な種類があり、メリットやデメリットがそれぞれ異なります。大きく分けて低用量、中用量、高用量の3つの種類があり、マーベロンは低用量ピルに該当し病院処方でも主流となっています。

日本で認可されている中でも有効成分の量がもっとも少ないため「超低用量ピル」と呼ばれ、妊娠を防げる最低限の量に抑えられていることから、以前に比べて副作用の不安も減り、特にむくみや吐き気が出づらいというメリットがあります。
飲み忘れてしまうと避妊率は92%に落ちますが、正しく続けることで99.7%の確立で避妊することが出来ます。また、避妊以外にも生理痛や肌荒れ改善にも高い効果があるので、そういった目的で服用する方も増えてきています。

マーベロンの種類

21錠入りと28錠入りの2種類があります。28錠入りは最後の7日間はプラセボ錠という有効成分の入っていない錠剤を服用するのが特徴です。プラセボ錠には飲み忘れ防止の役割があります。
違いは休薬期間があるかないかのみで効果や効能はどちらも変わりません。服用回数を減らしたい方は21錠入り、飲み忘れが心配な方は28錠入りといった使い分けが出来ます。

マーベロンの効果

2つの有効成分により、排卵を抑えて妊娠を防ぐようにホルモンバランスを調整する働きがあります。

エチニルエストラジオール
エストロゲン(卵胞ホルモン)に分類される女性ホルモンで、卵胞が成長すると分泌される成分です。

デソゲストレル
プロゲステロン(黄体ホルモン)に分類される女性ホルモンで、妊娠に向けて子宮内膜の環境を整える成分です。

低用量ピルの主な役割は、上記の作用のある女性ホルモンを毎日少量ずつ服用することで、脳に「既に妊娠している」と錯覚させることです。これにより、卵胞は成長をやめ、排卵がなくなることで避妊の効果を発揮します。また、受精卵の着床を阻害したり、精子が子宮内に入りにくくする働きもあります。

避妊以外にも、生理痛や周期の乱れの改善に用いられることもあります。子宮内膜が剥がれるときに痛みが出ることを生理痛と言いますが、低用量ピルには子宮内膜が厚くなることを防ぐ作用があるので、生理痛の軽減に役立ちます。また、生理日をコントロール出来るので、周期が不安定な方にも有効です。
そして女性の悩み「ニキビ」にも高い効果があるとして知られています。ニキビの原因となるテストステロン(男性ホルモン)と結合し消し去ることで、ニキビを減らす作用が認められています。

副作用は?

女性 軽度な副作用としては、嘔吐や吐き気、頭痛、肌荒れ、不正出血、体重増加、むくみが挙げられます。しかし有効成分の含有量が少ないため、これらの頻度が比較的出づらいとされています。2~3ヶ月服用を続けることで体が成分に慣れ、副作用は治まっていきます。
重度な副作用としては、血栓症が挙げられます。ピルには血液の凝固を促す作用があるため、血栓症のリスクが高まるとされています。有効成分の含有量は少ないと言っても、服用していない人に比べて確率が高くなることは念頭に入れておきましょう。

服用中に下記のような症状が出た場合は血栓症の可能性があります。
■血栓症の症状
頭部:めまい、激しい頭痛
眼:目がかすむ
喉や口:舌がもつれる
胸部:動悸、息切れ、激しい胸の痛み
手や足:むくみ、しびれ、腫れ、痛み
こういった症状から医療機関を受診する際には、ピルを服用中である、または服用していたことを伝えましょう。水分が足りていなかったり、同じ姿勢で長時間いると発症しやすくなります。水分補給と軽い運動やストレッチを心がけましょう。

副作用のでやすい人

下記のような方は血栓症の発症率が高くなるとされています。
・タバコを吸っている
・35歳以上
・子宮頸がん、乳がんの疑いがある
・高脂肪症、高血圧症
・妊娠中
・心臓病
特にタバコには注意が必要です。ピルと同様に血液が凝固しやすい作用があるので、血栓症のリスクをさらに高めることになります。そのため、1日15本以上吸っている方や40歳以上でタバコを吸っている方は服用は禁止されています。どうしても服用したい場合は医師へ相談しましょう。

むくみと体重増加の対処法

体重計 「ピルを飲んでから太った」という言葉をよく耳にすると思います。全ての女性がそうなるということはありませんが、妊娠中と同じ状態を作り出しているため、副作用として出やすいとされているのは事実です。ここではむくみと体重増加のそれぞれの原因と対処法をご紹介いたします。

むくみ
■原因
ピルには水分を蓄積しようとする作用があり、そのためむくみが起きやすいとされています。これは「黄体ホルモン」の働きによるもので、体が妊娠中と同じ状態になることが原因です。赤ちゃんの成長には羊水や血液が必要になります。体は妊娠準備のために水分を大量に溜め込もうとする作用が働きます。
■対処法
ピルの服用を開始してから3ヶ月間は、副作用が出やすいとされています。そのため2~3ヵ月後には服用によるむくみも解消します。気になる方はサプリや漢方薬で対応しましょう。
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)、五苓散(ごれいさん)といった漢方薬が有名で、ドラッグストアなどでも手軽に購入出来ます。他にも利尿作用のあるお茶も効果的です。

体重増加
■原因
太るとされる原因は「水分」「脂肪」「食欲」の3つです。
水分:「黄体ホルモン」の働きで水分を溜め込もうとする
脂肪:「卵胞ホルモン」の働きで太ももや胸、腰に脂肪をつけて女性らしい体を作ろうとする
食欲:「卵胞ホルモン」の働きで食欲を増進させる作用がある
卵胞ホルモンが食欲増進の作用があることに対して、黄体ホルモンは食欲減衰の作用があるとされていますが、どの副作用が出るかは個人差があります。
■対処法
体重増加の主な原因は食欲増進からくるものです。他の種類に変えてみるという方法もありますが、全てのピルで同様の作用があります。そのため低用量ピルの中でも「太りにくいピルを選ぶ」という方法が有効です。
マーベロンやヤーズは副作用などの改善に重点をおいて開発されたピルです。そのため他の種類に比べると太りにくいというメリットがあります。
激しい運動や無理な食事制限でのダイエットは体への負担にもなり、体調が悪化する可能性もあります。ポイントとしては、水分の代謝を良くする、炭水化物などの吸収を抑える、といった作用のある食材やサプリを併用するのがオススメです。

正しい飲み方

マーベロン 21錠入り、28錠入りともに28日間で1サイクルとなっていますが、最後の7日間だけ服用方法が異なります。どちらも生理が始まった日から服用を開始し、1日1錠ずつ毎日決まった時間に飲むことが大切です。

マーベロン21

1シートに錠剤が21錠入っています。矢印に沿って1日1錠ずつ服用します。21日間で全て飲み終えた後、7日間は服用を休みます。休薬期間を終えたら再度新しいシートから服用を始める、というサイクルを繰り返します。

別の低用量ピル(21錠入りのタイプ)から切り替える場合は、前に飲んでいたシートを全て飲み終えて休薬期間を終了後、こちらを飲み始めます。服用が生理開始日とずれた場合、最初の1週間は別の避妊対策(コンドームなど)を取る必要があります。

マーベロン28

1シートに錠剤が28錠入っています。服用を始めた日から矢印に沿って1日1錠ずつ飲みます。28日間で全て飲み終えた後、翌日からは新しいシートで服用を始める、というサイクルを繰り返します。休薬期間はありませんが、最後の7日間は有効成分の入っていない錠剤を服用することになるので、実質、服用を休んでいることになります。

別の低用量ピル(28錠入りのタイプ)から切り替える場合は、前に飲んでいたシートを全て飲み終えた後、続けてこちらを飲み始めます。服用が生理開始日とずれた場合、最初の1週間は別の避妊対策(コンドームなど)を取る必要があります。

飲み忘れと嘔吐

飲み忘れや嘔吐してしまった場合、「何時間経っているか」で対処法が異なります。数時間程度であれば過剰に心配することはありませんが、時間が経ち過ぎると避妊率にも影響するため、事前にしっかりとチェックしておきましょう。

飲み忘れが1日以内の場合
1日以内(1錠の飲み忘れ)であれば、気付いた時にすぐに忘れた分(1錠)を服用します。次の錠剤からは予定通りに服用を続けます。服用の時間に前回の分の飲み忘れに気付いた場合は、2錠一緒に服用します。
もし、最後の1錠(21日目)を飲み忘れた場合は、服用せず1日だけ早く休薬期間に入ります。そして29日目に新しいシートで服用を開始します。1錠分の飲み忘れであれば避妊率は保てるので心配はありません。
飲み忘れが2日以上の場合
2日以上(2錠以上の飲み忘れ)の場合には、服用を一旦中止します。数日すると生理がくるので、そのタイミングを待ち生理開始日から新しいシートで開始します。間違えて中止したシートを飲まないようにそちらは廃棄をオススメします。
2錠以上の飲み忘れは避妊率が保てないため、服用を再開するまでは別の避妊対策(コンドームなど)を取る必要があります。
嘔吐した場合
服用後、3時間以内で嘔吐があった場合は、いつもの予定時間から12時間以内に飲み直しましょう。少し時間が遅れただけでは避妊率に変わりはないので、気分が落ち着いてから飲み直します。3時間以上経過してから嘔吐した場合は、成分が吸収された後なので飲み直す必要はありません。心配な方はドラッグストアなどで売っている酔い止めを一緒に飲むことをオススメします。

飲み合わせの注意

マーベロンに含まれる有効成分「エチニルエストラジオール」と「デソゲストレル」は女性ホルモンです。女性ホルモンはもともと体内に存在するものなので、食事やアルコールの影響を受けることはありません。
しかし、一緒に飲むことで避妊の効果を弱める成分が存在します。テトラサイクリン系やペニシリン系の抗生物質は腸内環境に作用するため、ピルの吸収の妨げになります。また「セント・ジョーンズ・ワート(セイヨウオトギリ)」を含む健康食品はピルの代謝を高める作用があります。どちらの場合も避妊率の低下につながるため併用は避けましょう。
逆に、相手側に影響を与えるとされている薬もあります。三環系抗うつ剤や副腎皮質ホルモンなどは代謝が抑えられ、薬が効きすぎる恐れがあるとされています。

マーベロンQ&A

女性

避妊の効果はいつから?

生理開始日から服用を始めると、その日から効果があります。ですが、服用が生理開始日とずれた場合、始めの1週間は効果が不安定なので別の避妊対策(コンドームなど)を取りましょう。

生理はいつくるの?

21錠の場合7日間の薬を休んでいる期間に生理が来ます。28錠の場合は22日目~28日目の7日間(プラセボ錠の期間)に生理が来ます。この期間内に生理が終了していなくても、29日目には次のシートでの服用を開始します。

生理が来ないときは?

飲み始めに、薬を休んでいる期間またはプラセボ錠の期間に出血が少量、もしくは生理がない場合もあります。体がまだ慣れていないだけなので、薬を休んでいる期間またはプラセボ錠の期間を終えたら予定通り2シート目の服用を開始します。2サイクル続けても生理が来ない場合は妊娠の可能性があります。

緊急避妊にも使える?

低用量ピルは緊急避妊薬(アフターピル)と比べ有効成分の量が少ないため、マーベロンの場合は3錠を服用することで緊急避妊として使用出来るとされています。ですが緊急避妊薬として開発された薬ではないので、思わぬ副作用を招く可能性もあります。自己判断は危険ですので、アイピルプラノバールといった緊急避妊薬を使用しましょう。

性感染症は防げる?

低用量ピルは妊娠を防ぐための薬なので、性感染症を防ぐ効果はありません。予防のためには、コンドームを使用して体液や粘液の接触を防ぐことが重要です。

定期的に検査をしたほうがいい?

長期間服用している方は半年に1度、血栓症の検査をして服用を続けても問題ないか確認しましょう。婦人科だと子宮頸ガン検診なども出来るので併せて定期的に検査することをオススメします。

妊娠したいときは?

ピルの服用を中止します。タイミングはシートの途中、シートを終えてからのどちらでも構いません。服用を止めておよそ1ヶ月で排卵が再開するので、早くて1ヶ月後には妊娠可能な状態になります。

用法・用量を守れば通販でも安心

パソコン 低用量ピルに限らず言えることですが、医薬品は用法や用量をしっかり守ることで十分な効果が得られます。
通販を利用する際の注意点としては、商品パッケージが日本語ではないということです。代行サイトでは日本語で注文できますが、実際に届く商品は海外からの購入なのでパッケージは英語になります。
初めて服用する方や服用歴がある方も用法・用量をもう一度チェックしてみましょう。効果や副作用を理解することが安心・安全な避妊に繋がります。
ピルに抵抗のある方は、まずは安心して服用出来る超低用量ピル「マーベロン」を試してみてはいかがでしょうか。