毎日同じ時間に飲んで、高い避妊率を維持しよう

避妊なび
  1. トップ
  2. マーベロンの飲み方

正しい飲み方

水を飲む女性 21錠入り、28錠入りともに28日間で1セットとなっています。どちらも生理の1日目から始めて、毎日1錠ずつ一定の時間に飲み進めます。また、開始が生理の1日目ではない場合、最初の1週間は避妊作用は得られないので、その間はコンドームなどの避妊具を使ってください。

高い効果を維持するには、用法用量を守ることが大切です。ですが、難しいことはないので安心してください。最後の7日間だけ服用方法が少し違うだけですので、詳しく見てみましょう。

マーベロン21

1シートに錠剤が21錠入っています。矢印に沿って1錠ずつ飲み進めます。21日間で全て飲み切った後、7日間は服用を休みます。休薬期間を終えたら、再度次のシートから服用を始める、という周期です。

別の低用量ピル(21錠入りのタイプ)から切り替える場合は、前に使っていたシートを全て飲み切って、休薬期間までを終えてから開始です。

マーベロン28

1シートに錠剤が28錠入っています。矢印に沿って1錠ずつ飲み進めます。28日間で全て飲み切った後、翌日からは次のシートで服用を始める、という周期です。休薬期間は設けられていませんが、最後の7日間は有効成分の入っていない錠剤です。実質、服用を休んでいるというわけです。

別の低用量ピル(28錠入りのタイプ)から切り替える場合は、前に飲んでいたシートを全て飲み終えた後、日を空けずに飲み続けます。

2種類ありますが効果は全く同じなので、自分のスタイルにあった種類を選びましょう。

飲み忘れと嘔吐

忘れないように気を付けていても、都合が悪くて飲むタイミングがなかったり、体調不良から嘔吐につながったりします。

そのような場合、「何時間経っているか」で対処法が違ってきます。数時間程度であれば、避妊率は左右されません。時間が経ち過ぎると避妊率にも影響するため、対策をチェックしておきましょう。

飲み忘れが1日以内の場合

1錠の飲み忘れであれば、避妊率は保てるので安心してください。

気付いた時に、すぐに忘れた分(1錠)を飲みます。 次の錠剤からは予定通りに飲み進めます。服用の時間になってから、前回の分を忘れていたことに気付いた場合は、まとめて飲んでも大丈夫です。

もし、最後の日(21錠目)に飲めなかった場合は、実薬は服用せずに1日早くプラセボ錠を飲み進めます。そして、29日目に別のシートで服用を始めます。

飲み忘れが2日以上の場合

2日以上空いてしまうと、避妊率が減少します。

服用は一旦中止しましょう。数日後に出血(生理)があるので、それを待ってから次のシートで開始します。間違えて中止したシートを飲まないように、そちらは廃棄することをオススメします。服用を再開するまでは、別の避妊対策を取りましょう。

嘔吐した場合

服用後、3時間以上空いていれば、避妊率に変わりはありません。成分はちゃんと吸収されていますので、安静にしておきましょう。

3時間に満たない場合、予定時間から12時間以内に飲み直しましょう。少し時間が遅れただけでは避妊率は変わらないので、吐き気が治まってから飲み直します。吐き気や嘔吐は飲み始めの症状の中でも1番確率の高い副作用ですので、心配な方は、ドラッグストアなどで販売している酔い止めを一緒に飲みましょう。

飲み合わせの注意

避妊率が減少する組み合わせが存在します。避けられない場合には、医師に確認しましょう。

避妊効果が弱くなるとされているのが、ペニシリン系やテトラサイクリン系の抗生物質です。これらは腸内で作用するため、ピルの吸収が阻害されます。抗生物質は処方薬なので、病院に通っていない方は気にしなくても大丈夫です。しかし、健康食品やサプリにも影響が出るものが存在します。

セント・ジョーンズ・ワート」は代謝率を上げる働きを持つので、マーベロンの成分が排出されることになります。よく、ダイエット関連の製品に配合されている成分です。

どちらの場合も避妊率の低下につながるため、併用は出来るだけ避けましょう。

逆に、相手側の効能を高める組み合わせもあります。三環系抗うつ剤や副腎皮質ホルモンなどは代謝が抑えられ、薬が効きすぎる恐れがあるので気を付けましょう。