避妊効果の高いマーベロン。低用量で体にも優しい避妊薬です。

避妊なび
  1. トップ
  2. マーベロンの効果

マーベロンの効果

マーベロン 1日に1錠ずつ低用量のピルを服用することで、ほぼ確実に妊娠を防げる経口避妊薬のマーベロン。日本でも、医療機関で処方され始めてから、有効性の高い避妊法としてとても人気です。

避妊という目的以外にも、生理不順や生理痛の改善、子宮内膜症にも高い効果が期待出来ます。最近ではニキビの改善目的で使用する方も増えてきました。

有効成分には、「エチニルエストラジオール」という卵胞ホルモンと、「デソゲストレル」という黄体ホルモンが配合されていて、この2つの作用により、体内のホルモンの割合を調整して避妊効果を示します。ピルによる避妊の主な役割は、体内に女性ホルモンを取り入れることで、脳に「既に妊娠している」と錯覚させることです。

妊娠には、この2つの物質が深く関係しています。
卵胞ホルモンには、排卵を促進し妊娠に向けて体を整える作用があります。黄体ホルモンには、子宮内膜に働きかけて体内の水分量・分泌量を調整し、受精と成長を助ける作用があります。この2つのホルモンが体内で大量に生成されると、脳はこれ以上の妊娠を阻止するために、卵巣の活動を停止させて妊娠の準備(排卵)をしないようになります。

3つの避妊作用

具体的には3つの働きを示します。
・排卵を抑える、または遅らせる
・子宮内膜が厚くならないようにする
・子宮内の粘液を強くする


人工的に体内に女性ホルモンを取り入れることで、上記の環境を作り出し妊娠を強力に阻害します。ホルモンの量を調整して「妊娠の準備が整っていない環境」を作り出すのがピルの役割です。中でもマーベロンは、有効成分の配合量が妊娠を防げる最低限の量で構成されています。そのため、他のピルと比べて、副作用の心配が軽減されるのがメリットです。

マーベロンの特徴

ピルには、第一世代~第四世代の分類が存在していて、そのうち「第三世代」に属しています。また、1シート通してホルモンの配合量が変わらないものを「1相性」、配合量が変化するものを「2相性」または「3相性」と言います。マーベロンは配合量に変化はないので、1相性のピルです。

第三世代のピルには、アンドロゲン作用が軽くなるという特長があります。黄体ホルモンには、体重増加やニキビ、多毛症といったアンドロゲン作用が出やすいというデメリットがあります。第三世代のピルに含まれる黄体ホルモンは「デソゲストレル(DSG)」と言い、このような副作用を軽減させるのが特長です。

1相性ピルのメリットは、使いやすさにあります。低用量ピルは、シートに沿って1サイクル飲み続けるのが正しい服用方法です。1相性ピルは配合量が一定なので、万が一順番を間違えたとしても大丈夫です。2相性、3相性ピルは生理の周期に合わせたホルモン量で作られているので、飲み間違えると避妊率が減少し、不正出血が表れたりします。1相性ピルは、飲む順番を気にしなくていいので、初心者でも使いやすいという点が便利です。

ただ、有効成分の入った実薬と、プラセボ錠(偽薬)の飲み間違いには気を付けましょう。

他にも、生理日の調整やPMS(月経前症候群)の改善にも最適です。特にPMSは、ホルモン量の変動が要因となって起こります。改善するには、バランスを安定させるということが有効なので、そういった場合にも使われることが多いのが1相性ピルです。

マーベロンの種類

21錠入りと28錠入りの2種類があります。
28錠入りは、最後の7日間はプラセボ錠という有効成分の入っていない錠剤を服用します。プラセボ錠には飲み忘れを防止する役割があります。

違いは休薬期間があるかないかのみで、効能はどちらも変わりません。飲む回数を減らしたい方は21錠入り、飲み忘れが心配な方は28錠入りといった使い分けが出来るのもメリットの1つです。