プラノバールで太ったと感じるのはホルモン量が一時的に増えるためです。服用中止で元に戻ります。

避妊なび
  1. トップ
  2. プラノバールで太る原因

プラノバールで太るのはなぜ?

体重計と女性 服用後に「太った」という意見を聞くことが多いでしょう。いつもと変わらず食事をしているだけで、暴飲や暴食なんてやっていない、便も通常通りなのにどんどん太っていく、といった症状に見舞われる方は少なくありません。

緊急避妊薬、生理不順の改善、不妊治療と色々な場面で処方されていてとても多様性の高い薬です。有効成分の黄体ホルモンと卵胞ホルモンには、子宮内膜を妊娠に向けて整える働きがあります。その整える作用の1つに水分を貯める効果がありますが、太ってしまう原因はこの水分貯蓄が関係しています。

太る原因

プラノバールに含まれる成分で、必ずしも全員が太ってしまうとは限りません。直接、体重増加を招く成分という訳ではないのです。

女性は男性と比べると太りやすいのはご存知かと思いますが、その理由は体内の筋肉量と脂肪量の違いです。この2つはホルモンで調整されています。男性ホルモンは筋肉量を調整する一方、女性ホルモンは女性らしい身体つきを目指すため脂肪量を調整します。それだけならば制御はまだ楽なのですが、もう1つ厄介なのが水分です。
妊娠に向けて血液が大量に必要になるため、出来る限り水分を体内に貯蓄する作用があります。プラノバールを服用して、体内の女性ホルモンが上昇すると、この働きがさらに加速します。

脂肪がつく状態+水分貯蓄の状態が同時に発生して、体重が一気に増加します。この2つをいかにして防ぐかが問題なのですが、それぞれ増え方には特徴があります。脂肪の場合、ゆっくりと増加するので服用期間が短いなら気にする必要はないです。1度の服用ですぐに脂肪がつくことは考えにくいので問題視しなくていいでしょう。水分については服用期間が短くても用心しましょう。服用してから3時間後くらいから貯蓄作用が働き始めて、早くて1日後くらいには浮腫(むくみ)として症状を表します。

普段なら体外に出されるはずの水分が残留しているため、その分体重は増加します。緊急避妊として服用しただけでも、効果が働き始めると同時に尿の回数も減少するでしょう。

太らないための対策

脂肪よりも厄介なむくみですが、放置するとセルライトに変化するので、継続して飲む方はむくまないために日々の対策が大事です。しかし、カロリーを気にして気軽に食事を摂れない方も多いのではないでしょうか。栄養分の欠乏は身体にも悪いので、食事もしっかり摂った上で利尿作用のある食材で、水分を出すようにしましょう。また、塩分は摂り過ぎないようにしてください。

カリウムには水分量を整える働きがあります。海藻や野菜、魚介はカリウムが多く含まれるので自主的に食べるようにしましょう。干し昆布や乾燥わかめ、ひじきなどが特に豊富です。食事での摂取が厳しい場合は、漢方薬という選択肢もあります。漢方薬はダイエットで取り入れられる機会も多く、高い作用が期待出来ます。

アフターピルとして使用する方は特に気にすることはありません。薬が切れるとともにむくみやすい状態はおさまるので、太らないための対策は過剰にならなくても大丈夫です。一時的でもむくみが嫌な場合は、上記と同様にカリウムを摂取して不要な水分を尿として出すようにしましょう。1度の服用で太るのは稀ですが、緊急避妊の機会が多いのなら、ノルレボも選択肢の1つとして検討してみてください。卵胞ホルモンが含まれていないので、水分貯蓄の作用が軽くなります。