ピルのメリットは避妊だけじゃない!女性に嬉しいこと

避妊なび
  1. トップ
  2. ピルの効果とメリット

避妊率99.9%で確実に避妊する!

女性のお腹 低用量ピル 日本では避妊というと真っ先に思い浮かべるのがコンドームです。手軽に買えるし使い方も簡単で利便性が高いですよね。性経験のある女性のほとんどの方がコンドームの使用経験があるのではないでしょうか。皆さんに親しまれているこのコンドームですが、実は落とし穴があるんです。

残念ながら、「つけていれば安心」というわけではないのです。コンドームには理想的な使い方と一般的な使い方(間違った使い方)があり、後者の一般的な使い方だと避妊率は驚くことに85%なんです。

妊娠はピルで予防、性病はコンドームで予防

避妊法法は多種ありますが、手軽なコンドームの避妊率を考えるとやはり不安が残ります。絶対に妊娠したくない!のであれば、ここで一度避妊法を見直してみてはいかがでしょうか。避妊薬を使えば、99.9%ととても高い避妊効果で妊娠を強力に防ぎます。飲み方を間違えなければ中絶手術に劣らない確実性があります。

ここで1つの知識として、お話ししたいことは「避妊薬では性病の予防は出来ない」ということです。避妊薬は妊娠を阻止するために開発された医薬品で、性病予防にはなりません。妊娠は避妊薬、性病はコンドームで防ぐことでより安全な性生活が送れます。

避妊以外の嬉しいメリット

避妊以外にも、女性にとってプラスになる効果が多数あります。

メリット

・99.9%の圧倒的な避妊効果
・月経の周期を変更、安定化
・月経困難症の軽減
・子宮周辺の病気(婦人科系疾患)の予防
・ホルモンの乱れからくるニキビや肌荒れの改善

近年では婦人科や皮膚科でも避妊以外の目的で処方されることが多くなってきましたが、このような嬉しいメリットがあるということを知らない方もまだまだ多いかと思います。特にニキビの治療薬としても知名度が高く、肌がキレイになったという口コミや体験談が多々あります。

デメリット

メリットがあればやはりデメリットもあります。

・通院が必要
・費用が高い
・飲み忘れ
・血栓症の人は飲めない
・ヘビースモーカーは飲めない
・副作用が出るかもしれない
・市販されてない

服用にあたっては、継続して飲まないといけないこと、飲み忘れると効果が減少することの2点に不安を感じている方が多い印象です。避妊効果を実感しているからこそ、「継続したい」という意思からくる不安かと思います。

さらに、市販されていないため、購入するには医療機関を受診しなければいけません。数か月分を処方してもらい、無くなる前にまた受診してもらう必要があります。しかし、避妊薬は個人輸入の代行サイトを利用することで、通販として海外から取り寄せることも出来ます。


中出しでも大丈夫!

ベッドで頭を抱える女性 避妊率は99.9%とお話ししましたが、完全に中で射精してしまってもこの確率は変わりません。中出しに限らず、がまん汁、コンドームの破れや漏れ、外出しなど、ありとあらゆる条件化でも強力に妊娠を防ぐことが出来ます。

飲み忘れがなく、正しい飲み方を守っていれば、妊娠に怯えることなく過ごすことが出来るのです。

妊娠したいときは?

「子供を産みたい」そう思ったときは、服用をやめるだけで大丈夫です。子宮環境が元の状態に戻るまでには、早い人で1ヶ月ですが、一般的には3ヶ月が目安です。すぐに欲しい!という気持ちもわかりますが、体の準備が整うまでもう少し待ちましょう。

また、避妊薬を飲んでいると「将来妊娠出来なくなる」という噂を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。避妊薬にまつわる都市伝説のような噂は多々ありますが、これもその1つです。そういった事実はありませんし、それどころか避妊薬は不妊症の予防や治療にも採用されていますので、安心してください。

いつから飲めばいい?

カレンダーを見る女性 避妊薬としての力を発揮するのは、基本的には飲み始めて7日(1週間)後からです。薬剤自体は飲んで2~3時間で体内に吸収されますが、避妊するためには、濃度を一定状態まで高める必要があり、その準備が整うまで7日必要です。以降は服用を続けることで、濃度を維持します。ですので、予定が決まっていれば7日前から飲み始めましょう。

始めの7日間はいつもの状態と変わりませんので、コンドームなどの避妊具を使用することを忘れないようにしてください。

目的別のおすすめピル

避妊薬には様々な種類があります。低用量ピルには、配合されているホルモンの世代や相性などいろいろな組み合わせがあり、緊急避妊薬はヤッペ法、ノルレボ法の2つの飲み方があります。飲み方は基本的には同じですが、種類によって得意とする作用も少しずつ違います。

そこで、目的別で定番の種類を調べてみましたので、参考までにご確認ください。

ニキビも治せる!初心者でも簡単な「マーベロン」

マーベロン マーベロンは第3世代・1相性に分類されます。第3世代には、ニキビが悪化する危険性が低いホルモンが使われています。他の種類でもニキビ改善の作用はありますし、もちろんマーベロンも例外ではありません。ですが、悪化しづらいという点においてはマーベロンが特化しています。そのため、ニキビ治療にはマーベロンが定番になっています。

また、1相性というタイプなので、実薬は全てホルモン量が同じです。2・3相性は実薬に含まれるホルモン量が変化するので、飲む順番を気にしたり、飲み忘れた際は対処が面倒になります。1相性は全て同じなので、順番は気にしなくても大丈夫ですし、飲み忘れの対処も楽です。初心者でも取り扱いが簡単なので安心して飲めます。また、1相性は生理日の変更にも最適です。

月経困難症の改善に最適!不正出血の少ない「トリキュラー」

トリキュラー トリキュラーは第2世代・3相性に分類されます。第2世代は、緊急避妊薬にも使われるホルモンで、避妊という点においては現在ある4つの世代の中では最強とも言えるのではないでしょうか。

強力となると副作用が気になりますが、その点においても心配はありません。トリキュラーは3相性で実薬に含まれるホルモン量が徐々に増えていくタイプです。もともとの身体の自然なホルモン分泌に合わせた作りになっているので、他の種類と比べると不正出血が少なく、副作用が出ずらいのが特徴です。

どれもダメだった!超低容量で安心の「ヤスミン」

ヤスミン ヤスミンは第4世代・1相性に分類されます。第4世代は超低用量ピルに使われることが多く、副作用の軽減に重きを置かれている成分です。ニキビ発生や体重増加、むくみなどの発症率が低いのが特徴です。

第3世代以前のものが合わなかったという方にオススメです。

中出しされたかも!トラブル後に助けてくれる「アイピル」

アイピル アイピルは第2世代に分類されます。避妊失敗後に服用するタイプの緊急避妊薬で、72時間(3日間)以内に使用することで95.9%の確率で妊娠を阻止します。タイムリミットは72時間(3日間)以内ですが、服用は早ければ早い程避妊率も上昇し、12時間以内の場合には99.5%という高確率で避妊出来ます。

世界保健機構(WHO)にも必須医薬品として指定されている「ノルレボ」のジェネリックなので、安心して使用出来ます。

低容量ピルで更年期を乗り越える!

考える中年女性 避妊以外のメリットはいくつもあり、更年期障害の症状を和らげるという一面も持ち合わせています。30代後半から始まるプレ更年期、50代前後からの本格的な更年期の不快感をホルモン補充により緩和に導くという方法です。

なぜ緩和につながるのか?その理由は、更年期障害はエストロゲン(女性ホルモン)の乱れにより発症するものだからです。それにより精神的、肉体的な不調が起こるため、自律神経失調症の一つとされています。

女性は40代前後から、エストロゲン分泌の役割を担っている卵巣の機能が衰え始めます。エストロゲンの分泌量が減ると、脳は頻繁に卵胞刺激ホルモンを分泌し、エストロゲンの分泌量を増やすように命令を続けます。ですが、機能が低下した卵巣は必要な量を分泌することが出来ないので、卵胞刺激ホルモン量の上昇とエストロゲンの減少というアンバランスな状態に陥ります。その結果として、大量の汗をかいたり、身体がほてるといった症状が表れ始めます。

低用量ピルは避妊薬として知られていますが、具体的には女性用のホルモン剤です。足りなくなったホルモンを毎日少量ずつ補うことで、アンバランスな状態をもとの自然な状態になるよう働きかけることで、更年期障害の症状を緩和します。

オススメページ