緊急避妊薬のノルレボをご紹介。WHOが推奨するアフターピルで性行為後72時間以内の服用により高確率で避妊します。

避妊なび
  1. トップ
  2. アフターピルのノルレボ

アフターピルのノルレボ

ノルレボ ノルレボとは女性ホルモンの一種である黄体ホルモンの製剤で、排卵を止める効果があります。
国内初の緊急避妊薬として厚生労働省から認められ、WHOからは必須薬として認可が下りていいます。
性交後72時間以内に1錠服用することにより、妊娠を高確率で回避することができるのです。
国内外で数々の臨床実験が行われており、結果として国内、国外ともに高い効果が発表されています。
低用量ピルや、そのほかのアフターピルと同じく、100%の避妊を約束できる薬ではないことに注意が必要ですが、逆に妊娠する可能性は1%となるので、このことを知っているのと知らないのとでは大きな運命の分かれ道となります。
また、保険の適用がされていないため、病院で処方してもらう場合は15,000円前後と高額になってしまいますが、望まない妊娠をしないためには必要な出費といえるでしょう。

アイピル しかし、このノルレボのジェネリック医薬品としてアイピルというアフターピルも存在しますので、通販サイトを利用して安価に購入するのもよいでしょう。
お守り代わりに1錠携帯しておくと安心です。

こうして女性の望まない妊娠を防ぐために様々な治療薬が発表されているのと同時に、当の女性自身がその治療薬の存在を知らないという悲しいすれ違いを避けるためにも、パートナーである男性が教えてあげるなど、これから出来ることはまだまだありそうです。

いずれ中絶という悲しい決断を迫られる女性がいなくなることがこの治療薬が生まれた意味でもあるといえます。
アイピルの通販サイトへ