突然のトラブルでもアイピルを常備していれば、時間のかかる病院処方よりも高い確率で避妊出来ます。

避妊なび
  1. トップ
  2. アフターピルのアイピル

アイピルの購入方法

アイピルの購入方法 アイピルは、病院での処方以外にも通販で海外から取り寄せることも出来ます。

医薬品には複数の分類があり、ドラッグストアなどで手軽に購入できる薬は「一般用医薬品」、医療機関からの処方箋が必要な薬は「第一類医薬品」に分類されます。アイピルは後者に該当するため、国内での購入は医師の診察が必須な医薬品です。そのため楽天やAmazonといった大型通販サイトでも取り扱いがありません。ですが、個人的に使うことが目的なら通販を利用して海外から取り寄せることが出来ます。

医療機関の場合、ヤッペ法であれば薬代だけで3000円前後、ノルレボであれば15000円前後の費用がかかります。これは一般的な価格ですが、アフターピルの処方は保険適用外で自由診療になるため、病院によってはさらに高くなることも多くあります。また、アフターピルの場合、他の医薬品とは違って特別な検査などはなく診察は簡単な問診のみです。基本的には、生理開始日や周期、過去にアフターピルを使用したことがあるかどうかといった問診と使用方法についての説明だけなので、高い料金を支払って医療機関で処方してもらうメリットは少ないと言えます。

それに比べて通販の場合、1錠1300円~2000円前後の価格で購入出来ます。安価なので効果に不安を感じる方もいるかもしれませんが、アイピルはノルレボのジェネリックなので有効成分は全く同じで、避妊効果も変わりません。そのため、ここではアイピルの通販をオススメしています。個人輸入の代行サイトを利用しれば、海外から簡単に取り寄せることが出来ます。ですが、手元に届くまでに数日かかるということは頭に入れておきましょう。アフターピルは72時間以内というタイムリミットがあるので、「すぐに必要」という方には向いていませんが、常備薬として持っておきたいという方には通販が最適です。

通販の最大のメリットは、前もって購入することが出来るという点です。医療機関ではトラブル後でなければ処方してもらえず、予防目的では購入することが出来ません。アフターピルは時間によって避妊成功率が変わるため、診療時間や混雑に左右される医療機関では手遅れになってしまう可能性もあります。中絶という辛い選択を避けるためにも常備しておくことが大切です。

アイピルの特徴

アイピルの特徴 アイピルは先発薬「ノルレボ」のジェネリック医薬品なので、有効成分にはノルレボと同じく「レボノルゲストレル」が含まれています。この成分は女性用のホルモンで、体内のホルモンバランスをコントロールすることで避妊効果を発揮します。

妊娠のメカニズムは、排卵によって卵巣外に出た卵子と精子が接触することで受精卵が生まれ、その受精卵が妊娠の準備が整った子宮内膜に着床することで成り立ちます。着床までの期間はおよそ10日間とされていて、性行為から5日間であれば妊娠を回避することが出来るとされています。「レボノルゲストレル」の主な役割は、「排卵を遅らせることで精子が受精しないようにする」「子宮内膜の増殖を抑えることで受精卵が着床しづらくする」の2つで、この両面から妊娠を強力に防ぐことが出来ます。

ですが、時間が経つほど効果は得づらくなるので、より高い確率で避妊するためにはトラブル後に「なるべく早く飲む」というのが鍵です。
24時間以内であれば98%以上、25時間~48時間以内の場合には88%以上、49時間~72時間以内の場合には75%の確率で妊娠を防ぐことが出来ます。以降も確立は下がりますが、5日以内であれば避妊出来る可能性はあるとされています。すぐに飲むことで、限りなく100%に近い確率で避妊出来ますが、完全に防げるわけではないのでその点には注意が必要です。

避妊するための正しい飲み方と飲み合わせ

避妊するための正しい飲み方と飲み合わせ 飲み方はとてもシンプルで、水またはぬるま湯で1錠を飲むだけです。1度で済むので飲み忘れの心配はありませんが、副作用で吐いてしまうことがあります。アイピルは服用後3時間で有効成分の血中濃度が最大になります。そのため、3時間以上経ってから吐いた場合には飲み直す必要はありませんが、それに満たない場合は吐き気が治まってからもう1度服用しなければいけません。胃腸の弱い方や嘔吐が心配な方は、市販の酔い止めを一緒に服用してしばらく安静にしておきましょう。

食事やアルコールにも左右されないので、タイミングや予定を考慮する必要がないのがメリットですが、服用において大切なことは「量」ではなく「時間」です。妊娠の恐怖から多めに服用する方もいますが、1錠で十分な効果があります。過剰に摂取しても体への負担が大きくなるだけで避妊の効果は変わらないので、用量は必ず守りましょう。

併用してはいけない禁忌薬は特にないので比較的服用しやすいのが特徴ですが、注意が必要な医薬品があります。抗生物質(ペニシリン系、テトラサイクリン系)や喘息緩和の薬は効果に影響するだけではなく、副作用を強める可能性があります。市販薬については問題ありませんが、病院処方の薬を飲んでいる場合は一度担当の医師に相談してみましょう。

処方薬以外では、サプリメントにも注意が必要です。「チェストベリー(生理前の不快感の改善薬)」や「セント・ジョーンズ・ワート(うつ病の改善薬)」という成分は女性ホルモンに作用することで効果を発揮します。そのため、ホルモン剤であるピルの効果が大幅に失われることがあります。

また、グレープフルーツにはピルの働きを強める作用があるので摂るのは出来るだけ避けましょう。デザートとして少し食べる、果汁率の低いジュースを飲む程度なら問題ありませんが、大量に摂取すると有効成分が過剰に働き副作用が強く出てしまいます。

最後に、下記のような方は体に悪い影響が出ることがあるので服用は出来るだけ避けましょう。

妊娠中
胎児への影響はありませんが、体内に女性ホルモンが大量に分泌している状態なので、母体には良くないとされています。

喫煙者
35歳以上且つ1日に15本以上の煙草を吸う方は、循環器系や心臓に悪影響が出ることがあります。ピルは血液凝固の作用があるので、血中栓のリスクが高まってしまいます。

アレルギーや体質
有効成分が同じなので、過去にノルレボで強い副作用が出たという方は同じような症状が出ることが考えられます。

副作用と治まるまでの時間

副作用と治まるまでの時間 比較的デメリットが少ないのが特徴ですが、ホルモンバランスに大きく影響するので体調によっては副作用が出ることもあります。主な症状としては、嘔吐や吐き気、頭痛、不正出血、腹痛、イライラ感、体のだるさが挙げられます。中でも特に多いのが吐き気で、使用者のおよそ5割で発生するとされています。次に多いのが嘔吐でこちらはおよそ2割です。少ない確率ではないので、この2点には特に注意が必要です。
また、副作用は時間が経つに連れゆっくりと治まっていき、翌日まで続くことはありません。1日以上経っても症状が治まらない場合には早めに医療機関を受診しましょう。

避妊成功のサインは?

避妊成功のサインは? 避妊成功の判断は、服用後の生理の時期で決まります。服用から何日経過しているのかしっかり確認しておきましょう。

3日~21日で出血があった場合
服用から3日~21日で出血があれば避妊成功のサインです。
ピルでの避妊に成功すると、消退出血が起こります。受精卵が着床せず、不要となった子宮内膜が剥がれて出血により体の外に出されるので、基本的な仕組みは生理と変わらず、1週間前後で出血するのが一般的です。

21日以降も出血がない場合
21日経過しても出血がない時は、避妊に失敗している可能性が高いです。妊娠検査薬なら3週間以降から確認できるので、早めに検査しましょう。

3日未満で出血があった場合
子宮周辺の病気からくる出血、または子宮外妊娠や、排卵出血・着床出血が考えられます。早すぎると感じた場合は、医療機関で相談してみましょう。

ピルの服用による出血は、通常の生理より少量でおりもの程度の出血が2日~3日前後続くのが特徴ですが、排卵日から日が開いていると通常と同じ量の出血になります。
また、強制的に生理を起こすので排卵の時期に服用した場合、月に2回生理が来ることもあります。排卵の後の服用であれば、いつもの生理予定日にくるのがほとんどですが、1度服用すると通常の周期に戻るまでにはおよそ3ヶ月かかるとされています。周期が安定するまでは、排卵日以外の性行為でも油断は禁物です。

服用した後に気をつけること

服用した後に気をつけること

運動やストレッチ

影響は特にありませんが、激しい運動は吐き気や嘔吐を促すこともあります。軽いストレッチ程度であれば問題ないですが、体調が悪くなくても出来るだけ安静にしておきましょう。

性行為

服用後は出血が起こるまで控えましょう。もしまたトラブルがあったとしても、ピルの服用は出来ません。連続的な使用は体への大きな負担になります。

低用量ピルの服用

普段から低用量ピルを服用している場合、服用再開のタイミングには気をつけましょう。

アフターピルでの出血が7日以内の場合

通常の生理がくるのを待ってから服用を再開します。

アフターピルでの出血が7日を超えていた場合

出血のあった日から、新しいシートでの服用を始めます。

どの場合にも通常のサイクルとは違った服用になるので、低用量ピルの効果が安定するまでは性行為を控えるか、別の避妊対策をしましょう。安定するまでの目安は7日間です。

もしもの時のためのお守りとして

服用した後に気をつけること 国内ではコンドームによる避妊が主流ですが、「破けた」「外れた」などのトラブルはよくあることで、妊娠率は15%と決して低い数字ではありません。そして、次の生理がくるまで不安なまま過ごさなければならず、結果的に望まない妊娠をしてしまった場合、中絶という辛い選択が待っています。精神面と体への大きな負担を避けるための最終的な手段として緊急避妊薬のアイピルが役立ってくれます。

アイピルでも避妊に失敗することはありますが、そのほとんどが服用が遅かったことが原因です。通販の場合、どうしても手元に届くまでに数日かかってしまうので、「もしもの時」にすぐに対応出来るように常に持っておきましょう。また、通販の場合には偽薬をつかまされないように信頼出来るサイトを探すことも大切です。

女性の大切な体を守るため、当サイトでは突然のトラブルでも大丈夫なようにアイピルを携帯することをオススメしています。手遅れになる前に、お守り感覚で安心を備えておいてはいかがでしょうか。