緊急避妊薬アフターピルの情報をお届け。性行為後72時間以内にノルレボやアイピルを利用することで高確率で妊娠を防げます。

避妊なび
  1. トップ
  2. アフターピルの基礎知識

アフターピルの基礎知識

アフターピル 定期的に服用する低用量ピルとは少し変わり、緊急時に服用する緊急避妊薬(アフターピル)という避妊薬が存在します。
アフターピルは主にアイピルやノルレボ、プラノバールなどと呼ばれる種類があり、それぞれ価格やその特徴が少しづつ異なります。
アフターピルは避妊に失敗した際に服用するもので、性交後72時間後以内までにアフターピルを服用することによりほぼ確実に妊娠を防ぐことができます。
しかし、排卵日付近であったり、服用後次月の月経までに性交を行った場合、避妊が失敗してしまう事例があります。
そういったことを回避するためにきちんとした使用方法や、アフターピルの種類を事前に知っておく必要があります。

アフターピルの基礎知識

避妊薬に含まれる女性ホルモンが脳内に作用する事によって3つの作用が起こり、精子の着床を防ぎます。

排卵を抑える

排卵を抑える事でまず精子が子宮内へ入ってきたとしても卵子と出会う機会を失わせ、着床を防ぐ事が出来ます。

子宮内膜の増殖を抑える

子宮内膜は受精卵が着床する場所で、その部分が厚くなることを抑える事で、万一受精卵となってしまっても着床することが出来ない状態が保たれるので妊娠が成立する事を防ぎます。

子宮頸管粘液の粘度を高める

子宮の入り口で分泌されている粘液の粘度を増すことで精子が子宮子宮の入り口で分泌されている粘液の粘度を増すことで精子が子宮に侵入することを防ぎます。

アフターピルとは? こうした3つの作用により妊娠を防ぐことができるのですが、低用量ピルと大きく異なるのが服用回数です。
1か月に定期的に服用する低用量ピルに対し、アフターピルは緊急時に服用し、妊娠を防ぎます。
そのため女性のホルモンバランスを大きく変化させるので、ほとんどの人に一過性の症状ですが吐き気、嘔吐、不正出血などが現れる様になり、定期的に服用する事によって不正出血などを抑えることができ吐き気などが起こりますが続けていく事で次第に体が慣れると言われています。
このような副作用がありますが、「コンドームが外れる」、「穴が空いていた」などによって精子が膣内に入り込んでしまう事や低用量ピルの「服用を忘れる」や「飲み間違えた」などといった事からも十分な避妊効果を得ることができず妊娠してしまう可能性が有ります。
また、最悪のケースですが女性の意思に基づかない強いられた性交による場合等、このアフターピルの存在を知っているだけで
望まない妊娠や中絶という選択を強いられることを回避できるのです。

それではアフターピルにはどのような種類が存在するのか、詳しく説明します。

アフターピルの種類と比較

アフターピル
画像 名称 避妊率 服用方法
アイピル アイピル 98% 72時間以内に1錠服用
ノルレボ ノルレボ 99% 72時間以内に1錠服用
プラノバール プラノバール 97% 72時間以内に2錠服用し、その12時間後に再度2錠服用
アフターピルは主に上記の3種類です。
安さが魅力的なアイピルはノルレボのジェネリック医薬品で、国内処方は保険の適用がないノルレボに比べると格段に安価で購入することができます。
また、ノルレボは2011年より処方が決まった国内初の最新緊急避妊薬で、WHOからは必須薬として認められています。
ノルレボは国内外で臨床試験が行われ、その高い避妊率が証明されています。
100%の妊娠回避を約束する薬では無いことには注意が必要ですが、妊娠する可能性は約1%となるので妊娠をほとんどの場合で回避することが出来ます。
一方ヤッペ法と呼ばれるプラノバール錠は国内で昔から存在する緊急避妊の方法で72時間以内に2錠服用後、12時間後に再び2錠の服用が必要とされ、体内のホルモンバランスを大きく変化させるため、副作用は避けられませんが、服用することで排卵を抑え、受精するタイミングを失わせ妊娠を回避します。
アイピルの通販