避妊薬は病院で処方してもらうよりも通販で購入する方が値段・手間ともにお得です。

避妊なび
  1. トップ
  2. お得な避妊薬の通販

お得な避妊薬の通販

個人輸入 事前に準備して服用しておくことで妊娠しなくて済ませられる低用量ピルや、万一の際に服用するアフターピルは病院で処方してもらう以外に、通販(正式には個人輸入)で購入することができます。
それでは実際のところ、病院処方と個人輸入のどちらが安いのでしょうか。

病院で処方して貰う場合、お薬を処方して貰う以外にも診察料などもかかってしまい、会計する直前まで分からないことが多く「高額な治療費の請求になったらどうしよう…」なんて不安になったり、かといって「高いので払えません…」なんて言うことも出来ないですよね。
しかも、困ったことに病院によって処方の金額が違うので、「出来る限り安く済ませたい」と思う女性も多いはずです。

全国各地の産婦人科での処方金額を調べるのは不可能に近いですが、大まかな平均であればかかる費用を知ることは出来るので、低用量ピル1ヶ月分とアフターピル1錠の病院処方の平均価格と個人輸入でかかる金額をまとめたものを記載します。
避妊薬 病院処方 通販(個人輸入)
低用量ピル 2,000~3,000円 1,200~2,000円
低用量ピルの通販サイトへ
アフターピル 3,000~15,000円 1,300~2,000円
アフターピルの通販サイトへ
明らかに病院で処方を受ける方が高いことが分かりますね。
理由として「保険が効かない」ので自由診療になってしまい、また、診察料が別途発生することや往復の交通費もかかることなどがあり、お財布に与える打撃の大きさはかなりのものです。
ただ、医師からの副作用が現れた時のアドバイスや薬について疑問に思うことは何でも回答してくれるので、そういった面では女性がもっとも安心出来るかも知れません。

個人輸入 一方の通販(個人輸入)は、注文して海外から輸送して貰うのでかかるのは他に輸送料になり、どうやっても安く抑えることが出来ます。
ただし、デメリットとして女性の手元に届くまでに10~14日前後が目安とされているので、「必要なのに手元に無い」なんてことが起こることもありますので、予め注文しておかなければなりません。
特に低用量ピルは毎日1錠を飲まなければ避妊効果を失ってしまうのでその点も踏まえて注文しなければなりません。
安い以外でも女性に嬉しいのが、通販サイトに注文すればポイントが溜まることも有るので、購入を続けているといずれかはポイントで薬を購入する事ができ、さらなる節約にもつながります。

「備えあれば憂いなし」という言葉がある様に、避妊に失敗して焦っていまう前に薬を注文しておき、いつでも余裕をもって不安を感じない性交が出来るように準備しておく事が望まれます。