避妊に関する情報やアフターピル・低用量ピルの通販・販売価格・使い方などを徹底解説!

避妊なび
  1. トップ

低用量ピルと緊急避妊薬アフターピル

避妊の基礎知識

  • 避妊の方法
    避妊の方法

    望まぬ妊娠をしないための避妊方法を知りましょう。人に聞きにくいことまで徹底解説!

  • 低用量ピル
    低用量ピルとは

    定期的に服用することで肌荒れ、生理痛も改善する避妊薬。買い方、飲み方などを徹底解説!

  • アフターピルとは
    アフターピルとは

    妊娠回避の保険薬、アフターピルの疑問点や効果、副作用などについて細かくご紹介します。

  • お得な通販
    お得な通販

    低用量ピルも緊急避妊ピルも通販で購入する方が手軽で安価なため断然お得です。

  • 中絶の危険性
    中絶の危険性

    誰もが喜ばない中絶の現実とその母体への影響、ストレス等を詳しくご説明します。

  • ヤスミンの体験談
    ヤスミンの体験談

    超低用量ピルのヤスミンを実際に服用した体験談をご紹介!参考にしてみて下さい。

避妊方法とは

避妊方法はコンドームなどの避妊具や、低用量ピル、緊急時に服用するアフターピルなどがあります。コンドームがこの中では一般的なのかもしれませんが、コンドームの避妊率はピルに比べて大きく劣るというデータがあります。
コンドームは女性ではなく男性の意思によって使用されなかったり、「外れてしまった」「破けてしまった」などのトラブルがつきものです。
しかし、ピルは女性自身の意思で確実な避妊が可能となり、なかには月経困難症や肌荒れ改善などのプラスの効果がある低容量ピルなどが今現在沢山あります。
また、コンドームでの避妊の失敗や、最悪のパターンではありますが望まない性交を共用されてしまった場合などに、女性自ら妊娠を防ぐことができる最終手段としてアフターピルというお薬があります。こちらは性交後約72時間以内に服用することで妊娠を回避することができるのです。
当サイトではそのアフターピルや低容量ピルの効果や価格、副作用などを詳しくご説明します。

低用量ピルとアフターピルの違い

ピルには低用量ピルとアフターピルの2種類あり、どちらも避妊をするために服用するお薬です。
大きく異なる点はその服用方法です。
低用量ピルは毎日1錠飲み続けて避妊を行うのに対し、アフターピルは性交後72時間以内に服用することで避妊を行います。
その分アフターピルは女性体内のホルモンバランスが大きく変化し、副作用も変わってきます。
低用量ピルを毎日飲んで日々避妊に備えるか、アフターピルを服用または常備してもしもの時に備えるか、自分にあったお薬を選びましょう。

中絶の危険性

中絶とは望まない妊娠をしてしまった場合に人工的手段を用いて子供を強制的に堕ろすことです。手段として薬による強制流産、または手術による堕胎があります。
どちらも母体への影響と精神的ストレスが生じることは間違いなく、できれば避けて通りたいことです。また手術となると、保険が適用されないので、金銭面での負担も大きくなります。
日本ではピルの存在を知らない人が多かったり、きちんとした避妊を行っていないなどの問題があり、中絶する人の数はいまだ多くいます。
そんなことが起きないためには女性が自ら避妊を行ったり、男女ともに避妊の正しい知識が必要ですね。
当サイトでは中絶の危険性や、金銭面など詳しく説明しています。

便利でお得な通販

避妊ピルをいざ購入するとなった際に、「病院に行くのは少し不安」「どうやって買うのだろう」と疑問に思う方もいると思います。
産婦人科に行く際は交通費から診察代など薬代のほかにも費用がかさんでしまい、お薬の値段がいくらか分からず不安なこともあると思います。
病院で処方してもらうメリットはお医者さんに相談ができることですが、出来る限り安く済ませたい病院に行くのが面倒という方には海外からの通販(正式には個人輸入)をお勧めします。
海外通販の最大のメリットは医者に行かなくてもよいことです。
また、安価なジェネリック医薬品も購入できるため産婦人科で処方してもらうよりもおすすめです。