アフターピルについて分かりやすく解説しています!服用時間が早いほど、避妊成功率が高まります。

避妊なび
  1. トップ

今人気沸騰中のアフターピル

アフターピル使用に役立つ基礎知識

  • 避妊の方法
    避妊の方法

    望まぬ妊娠をしないための避妊方法を知りましょう。人に聞きにくいことまで徹底解説!

  • 低用量ピル
    低用量ピルとは

    定期的に服用することで肌荒れ、生理痛も改善する避妊薬。買い方、飲み方などを徹底解説!

  • 会話する女性
    アフターピルの口コミ

    アフターピルを実際に使用した方の口コミを載せています。購入を検討している方は必見です!

  • お得な通販
    お得な通販

    低用量ピルも緊急避妊ピルも通販で購入する方が手軽で安価なため断然お得です。

  • 中絶の危険性
    中絶の危険性

    誰もが喜ばない中絶の現実とその母体への影響、ストレス等を詳しくご説明します。

  • ヤスミンの体験談
    ヤスミンの体験談

    超低用量ピルのヤスミンを実際に服用した体験談をご紹介!参考にしてみて下さい。

アフターピルとは

首をかしげる女性 アフターピル(緊急避妊薬)とは、何らかの理由で避妊に失敗した際に飲む薬です。その名の通り、性行為後に飲むことで望まない妊娠を防ぐことができます。

薬によって多少異なりますが、アフターピル服用での避妊確率は、およそ80%です。しかし、これほどまでに高い避妊効果を得るには、避妊失敗から72時間以内の服用が必要とされます。その後、12時間経過した後に再度服用することで避妊を成功させます。

現在、服用が1回で済むアフターピルもあり、飲み忘れが心配な方には特にオススメです。アフターピルで避妊が成功するには、どれだけ早く服用できるかかが鍵となっています。服用が早ければ早いほど、避妊成功率は高くなり、時間経過とともに下がっていきます。

避妊に失敗してしまった際は、焦らず冷静に対処しましょう。できるだけ早めの服用を行えるようアフターピルは、常に持っておくと安心です。日頃から避妊に気をつけていても、失敗するリスクがあることを念頭におき、もしもの場合に備えることは、自分の身体を守ることに繋がります。

アフターピルの通販

アフターピルは緊急避妊薬で性交後72時間以内に服用することでほぼ100%避妊ができます。アフターピルは一般に産婦人科にて処方されますが自由診療で保険適用外となるので、掛かる費用は高額になり、通販だと薬代・送料のみで購入できます。

アフターピルは使う目的よりも不慮の事故など望まない妊娠を避ける手段としての備えという考えで常備しておくのが良いでしょう。ピルの種類によって服用方法も異なります。自身のライフスタイルに合ったピルを選んで下さい。

低用量ピルとアフターピルの違い

ピルには低用量ピルとアフターピルの2種類あり、どちらも避妊をするために服用するお薬です。
大きく異なる点はその服用方法です。
低用量ピルは毎日1錠飲み続けて避妊を行うのに対し、アフターピルは性交後72時間以内に服用することで避妊を行います。
その分アフターピルは女性体内のホルモンバランスが大きく変化し、副作用も変わってきます。
低用量ピルを毎日飲んで日々避妊に備えるか、アフターピルを服用または常備してもしもの時に備えるか、自分にあったお薬を選びましょう。

中絶の危険性

中絶とは望まない妊娠をしてしまった場合に人工的手段を用いて子供を強制的に堕ろすことです。手段として薬による強制流産、または手術による堕胎があります。
どちらも母体への影響と精神的ストレスが生じることは間違いなく、できれば避けて通りたいことです。また手術となると、保険が適用されないので、金銭面での負担も大きくなります。
日本ではピルの存在を知らない人が多かったり、きちんとした避妊を行っていないなどの問題があり、中絶する人の数はいまだ多くいます。
そんなことが起きないためには女性が自ら避妊を行ったり、男女ともに避妊の正しい知識が必要ですね。
当サイトでは中絶の危険性や、金銭面など詳しく説明しています。

便利でお得な通販

避妊ピルをいざ購入するとなった際に、「病院に行くのは少し不安」「どうやって買うのだろう」と疑問に思う方もいると思います。
産婦人科に行く際は交通費から診察代など薬代のほかにも費用がかさんでしまい、お薬の値段がいくらか分からず不安なこともあると思います。
病院で処方してもらうメリットはお医者さんに相談ができることですが、出来る限り安く済ませたい病院に行くのが面倒という方には海外からの通販(正式には個人輸入)をお勧めします。
海外通販の最大のメリットは医者に行かなくてもよいことです。
また、安価なジェネリック医薬品も購入できるため産婦人科で処方してもらうよりもおすすめです。

マーベロンの効果

低用量ピルの中でも知名度の高いマーベロン。避妊だけではなく、生理周期の調整、婦人科系疾患の予防、ニキビの改善と幅広い適用範囲を持ちます。

実薬は全てホルモン量が一定なので、1相性ピルに分類されます。用法・用量を守って服用することにより、排卵を抑えて避妊効果を示します。排卵が止まることで擬似的に妊娠している状態を保ち、子宮内膜に厚みが出ることがないので、生理痛の改善や出血量も抑えます。他にも、ホルモン量の変化によるニキビの改善も期待出来ます。特に生理前に肌荒れするといった方に効果的です。

マーベロンの飲み方

1相性ピルのため、2・3相性ピルに比べて飲む順番を気にしなくていいというのがメリットです。ですが、有効成分の血中濃度を保つためには、毎日一定の時刻に飲むようにしましょう。血中濃度が下がってしまうと避妊効果の減少につながります。

初めての服用の際には副作用の吐き気と嘔吐が心配されます。慣れるまでは酔い止めの併用や就寝前に服用することで症状を和らげることが出来ます。万一、飲み忘れや嘔吐した場合のために対処法を事前に確認しておきましょう。

マーベロンの副作用

飲み始めに、吐き気や嘔吐、頭痛、胸のハリ、不正出血が多く発生します。このような症状は、服用によりホルモン量が変わることで表れますので、過敏になりすぎなくても大丈夫です。早くて2ヶ月で慣れてきて、徐々に症状は軽くなっていきます。ですが、不正出血については飲み忘れでも発生するので気をつけましょう。

重度の症状が出ることはほとんどありませんが、稀に血栓症になるまたは血栓症が悪化することがあります。血栓症には前兆があるので、服用を考えている方、服用中の方も初期症状を見逃さないように注意してください。

マーベロンでニキビを改善

思春期を過ぎてからのニキビを俗に「大人ニキビ」といいますが、ほとんどの場合ホルモン量の変化が原因と考えられています。ホルモン量が崩れることで、男性ホルモンが活性化し皮脂が増えて毛穴の詰まりにつながるとされています。

マーベロンは他の低用量ピルに比べて、肌荒れが悪化する可能性が少ないという特徴があります。服用することで体内のホルモン量を整えて、血中の男性ホルモンを減少させることで効果を示します。特に、生理不順がある方、生理前にニキビが悪化する方は改善が期待出来ます。

マーベロンで生理周期を調整

低容量ピルは上手に活用することで、生理の周期をコントロールすることが出来ます。大切な日が生理で台無しになってしまわないように、好きなタイミングで生理をずらしましょう。

生理日を変更する方法は、早める方法と遅らせる方法の2つがありますが、遅らせる方が成功率が高いのでオススメです。2・3相性ピルは体の自然な変化に合わせて作られていてホルモン量が変化するため、周期の調整にはあまり向いていません。周期を整えるためには安定したホルモン環境を作ることが大切です。1相性ピルはホルモン量が一定なので調整に最適です。

プラノバールの飲み方

プラノバールはノルレボが認可される前から、アフターピルとして処方されている中用量ピルです。服用は2回に分けて合計4錠飲むことで避妊効果を示します。性行為から72時間以内に2錠、さらに12時間後に2錠を服用しましょう。1回目の服用が早ければ早いほど避妊率が上昇します。医院によっては72時間を過ぎているとしてもらえないので、気をつけてください。

プラノバールの飲み忘れ

アフターピルとして使用する場合、ホルモン量を急激に変化させることでバランスを崩し、強制的に生理を起こします。1回目の服用後、2回目を忘れてしまうと、避妊に必要なホルモン量が足りず妊娠につながってしまいます。3時間以内であれば、避妊効果に影響はありませんが、忘れないように対策はしっかりとしておきましょう。

プラノバールでの吐き気

副作用として1番に挙げられるのが吐き気です。感じ方のレベルは人によって違いますが、酷いときには嘔吐してしまうこともあります。せっかく服用しても、成分が身体に吸収される前に吐いてしまっては避妊効果は得られません。市販の酔い止めで問題ありませんので、胃の弱い方は一緒に飲むようにしましょう。吐き気は2日程で治まります。

プラノバールで太る?

服用すると「太る」と心配されている方が多いと思いますが、緊急避妊薬として使用した場合、体重増加への影響はほとんどありません。太るというよりも浮腫(むくみ)が発生することで、一時的に体が腫れぼったくなることはありますが、服用を続けなければ自然に浮腫も改善していきます。ですので、短期間の服用であれば過剰に心配する必要はありません。

プラノバール服用後の生理

避妊成功のサインとなる生理(消退出血)は、服用後およそ3日~1週間前後で訪れますが、遅くても3週間くらいが目安です。また、このときの出血量は服用したタイミングで違ってきます。排卵日が終わったばかりであれば、子宮内膜が薄い状態のため剥がれ落ちる量(出血量)も少なくなります。排卵日の前、または排卵から数日経っていれば、通常の生理と同量の出血となります。